看護師の転職先選びで絶対検討すべき条件

サイトマップ

看護師の転職先選びで絶対検討すべき条件

売り手市場と言われている看護師の求人ですが、診療科ごとに様々な特徴があり、その科の仕事内容をしっかり考えた上で転職をしないと、再び転職を考えることになりかねません。看護師の転職選びで検討すべき、診療科ごとの仕事内容についてまとめました。

内科・外科は、曜日や時間帯に限らず常に忙しく残業も多い診療科ですが、ほとんどの病院にあるので、求人数が多く今後のキャリアアップや将来の転職を考えたときに経験が活かしやすい科です。産婦人科は、全ての病院にあるわけではなく、勤務時間も不規則な場合が多いですが、専門的な知識や多くの経験が必要とされ優遇される診療科です。

小児科・眼科・皮膚科・精神科などは、専門知識が必要とされています。特に眼科はレーシック手術、精神科ではカウンセリング力など、近年急速に需要が増して来ている診療科です。美容外科は、医学的な専門知識に加えて、患者さんとのコミュニケーション能力も求められます。サービス業の要素も含まれます。

麻酔科・オペ科・放射線科は、不規則で忙しそうですが、予定が組まれていることがほとんどなので、医療関係の中でも規則的な生活が送りやすい診療科です。

看護師の転職先選びで絶対検討すべき条件関連コンテンツ

臨床経験を積んだ後訪問看護ステーションに勤務できますか?
後期高齢化社会ともいわれる現在では、病院に自分で通う患者だけでなく、寝たきりや足腰の不如意などにより ..... >> 続きを読む

失業給付をいただきながら看護師のバイトはできる?
失業給付をいただきながら看護師のバイトはできるのでしょうか。基本的に、失業給付をいただきながら看護師 ..... >> 続きを読む

看護師のブランク10年、子供3人いて復帰可能か?
ブランク期間に関わらず、看護師として働きたいという気持ちさえあれば復職を実現することは可能でしょう! ..... >> 続きを読む