臨床経験を積んだ後訪問看護ステーションに勤務できますか?

サイトマップ

臨床経験を積んだ後訪問看護ステーションに勤務できますか?

後期高齢化社会ともいわれる現在では、病院に自分で通う患者だけでなく、寝たきりや足腰の不如意などにより自宅で療養している患者の数も多くなっているといわれています。そんな時勢で需要を増しているのが訪問看護という仕事で、これは患者のもとへ訪問看護師が赴き、その患者の自宅で患者の世話をしたり医師から預かってきた医療的アドバイスをほどこしたりするという看護の形です。

訪問看護師は個々人で開業するのではなく、訪問看護ステーションというところに勤務しながら、各家庭に派遣されていくことになるので、訪問看護師になりたいのなら、まずは訪問看護ステーションに就職する必要があります。その際、必要とされるのは、充分な臨床経験です。

訪問看護は、基本的な看護技術だけではつとまるものでなく、その患者の家族の負担や家庭の状況、患者の体調などを都度考慮して応用して行わなければならないので、臨床経験が不足していると、いろいろな面で難しいのです。

医師のアドバイスを適確に伝え、なおかつその患者の状態を再び医師に正確に伝えられるだけの判断力も必要となりますし、とっさの変化への冷静な対応も要求される訪問看護師に、臨床経験をたっぷりつんだ年配の看護師が多いのは、当然だともいえるのです。